専門家による日本酒の最高のレビュー

専門家によるベストレビュー 

日本酒の日本酒は、飲むことができる最も美味しいお酒の 1 つです。日本酒造協会のSake and Spiritsのディレクターであるモニカ・サミュエルズによると、日本酒はビールのように造られていますが、ワインのように飲みます.日本酒は、舌触りや滑らかさなど、飲み手の好みを満足させることができる飲み物のひとつです。 

しかし、市場に出回っている数多くの酒の中から、どのようにして日本酒を選ぶのでしょうか。サミュエルズ氏によると、まず価格を見て、次に飲み物に使われている米の種類を見てみましょう。 

「には 一般的、高価な酒は50パーセント以上まで研磨されていますお米で作られています。」ふすま、タンパク質、脂肪が取り除かれると、日本酒は「よりクリーンで、軽やかで、香りのよい」ものになります。完璧な日本酒を探しているなら、酒の専門家による簡単なレビューとともに、最高の日本酒ドリンクをいくつかまとめました。 

八海山 徳別純米 

日本の新潟県発祥の八海山徳別純米は、市場で人気のある日本酒の 1 つです。すっきりとした無駄のない味わいで、爽やかさと力強さが絶妙に調和したドリンクです。 

専門家の評価

夏にぴったりの日本酒は冷やして飲んでも、温めても美味しい」と新川さん。そして、それはさまざまな食べ物と合います。さしみやカルパッチョなど、軽くて冷たい前菜と合わせれば完璧です。しかし、クリーミー、バター魚料理」のような、豊かなもので、あまりにもそれを試してみてください -モニカ・サミュエルズ 

明石タイ吟醸Yuzushu

このドリンクは、最も強力なの一つです 酒 市場で。楽しく上質な飲み方を求めるなら、明石大吟醸がぴったり。 

抜粋の内容:

‘この柑橘系の果実味の強い日本酒には、ゆずを浸し、口いっぱいに広がる酸味とくもったレモンの色合いを添えています。冷蔵庫からそのまま出すか、ソーダ水と混ぜて喉の渇きを潤す低アルコール度数スーパー サマー スプリッツr. —リチャード・フッド、インディペンデントのライター。 

城東純米にぎり酒 

城東純米にぎり酒は、試飲できる最も美味しい飲み物の 1 つです。アルコール度数が15%以上のこのドリンクは、あなたが渇望していた興奮を確実に味わうことができます。チーズケーキのほのかな香りが、寿司や天ぷらとの相性抜群。 

黒沢純米 木本 清酒 

黒沢純米 木本は、フルーティーな味わいが特徴のお酒です。アルコール度数15%で、 earth sushi、天ぷら、サーモン、照り焼きなどの料理と合わせて楽しむのに最適な、力強く素朴な味わいです。

白鶴

白鶴はアルコール度数15.5%のドリンクです。フルーティーな味わいで、照り焼きや天ぷらとの相性も◎。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です