回転ずしでありながら経験豊富な寿司職人がカウンターで自らネタをさばきます。回転ずしチェーン店ではちょっと考えられないかもしれません。